レックスベゴニアの育て方

レックスベゴニアは根茎性ベゴニアの一種で非耐寒性の常緑多年草です。インド・アッサム地方原産の原種ベゴニア・レクスと様々なベゴニアを交配してつくられたグループを指し、葉の美しいベゴニアです。

レックスベゴニアの葉色は緑・黄緑・濃緑・赤・銀白色など複雑な斑模様です。また、葉の表面の凹凸や微毛などによって金属光沢やベルベットのような質感のある葉もあります。葉の大きさも2cmくらいのものから30cm以上になるものなど多様です。

レックスベゴニアは、直射日光の当たらない明るい日陰、または室内に置きます。強い光に当てると日焼けして葉が黄色っぽくなり、光線が不足しすぎると斑の色が不鮮明になります。

生育適温は15~25℃程度です。夏は暑すぎるので出来るだけ涼しい所に置きます。冬は室内で3℃以上が保て温度の変化が小さい場所に置きましょう。たとえ落葉しても春になって芽を出すのが普通です。

水やりは、乾いたらたっぷりと与えます。湿度の高い状態を好むので生育期には十分な水と葉水が必要です。しかし、過湿な状態にしすぎても病気が出やすいので注意が必要です。冬は、乾かし気味にしますが、暖房した室内で乾燥するときは霧吹きを行なうとよいでしょう。

肥料は、春と秋の成長期に液体肥料か置き肥を与えます。

植え替えは5~6月が適期です。株が大きくなったら、古い土を落とし傷んだ根を切り取って一回り大きな鉢に植え替えます。

株分けか葉挿しで増やします。葉挿しは葉脈に沿って3~4片に切り取り、葉の基部のみ埋めるように挿します。

関連記事
ベコニア センパフローレンスの育て方

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ