冬の鉢花の手入れ

冬は庭のガーデン作業が少なくなり、鉢花を室内に飾って楽しむことが多くなります。

冬の鉢花は、温室で育てられ、少し開花を始めた状態で出荷されるので、環境の変化に弱いといわれます。

実際、家に持ち帰っても、すぐに枯らしてしまったという経験が私にもあります。

温室栽培の鉢花は、日光が当たらず温度も湿度も低い室内に置くと急に弱ってしまうことがあるそうです。

植物によって、耐寒性は大きく異なります。熱帯産の植物は、10℃前後以上の温度に保たないと寒さで株が弱り枯れてしまうものもあります。

sikuramennotubomi

冬の鉢花として人気の高いシクラメンやシネラリア・プリムラ・シンビジユウムなどは、寒さには比較的強いとはいいますが、強い寒さに当てると株が弱り花も傷んでしまいます。

キレイな花につられて買ってしまうというのは、よくあることです。

しかし、その植物が日当たりを好むのか、寒さには強いのかなどを園芸店の人に聞いておけば、弱らせたり枯らせたりする危険も少しは減らせると思います。

家に持ち帰ったら、その植物が快適に過ごせる場所に置きましょう。

エアコンの温風が直接当たらないようにすることも大事です。寒い地方では、夜間の冷え込みにも気をつける必要もあります。

冬の水やりは、植物の種類によって、やり方や量なども様々です。

ちょっとしたミスで株が弱ったり枯れたりする原因になります。

花に水がかかると病気の被害を受けやすいものや、乾燥に弱く、用土が乾燥するとすぐにしおれ花を傷めてしまうものなどがあります。

春まで花を楽しめ、翌年も枯らさずに花を咲かせられたら嬉しいですね。

関連記事
アザレアの育て方
エリカの育て方
カランコエの育て方
サイネリアの育て方
シクラメンの育て方(冬から春)
シャコバサボテンの育て方・手入れ
セントポーリアの育て方
プリムラの育て方
ポインセチアの育て方

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ