セントポーリアの育て方

セントポーリアはイワタバコ科の非耐性多年草で、原産地は熱帯アフリカです。

1892年にタンザニアで発見されて以来、次々と品種改良が行われて現在では数万種もあるそうです。花色は赤・紫・青・白など。模様は紫やピンクの花に白い縞が入ったもの、縁部分に違う色が入るものなどがあるほか、八重咲き、ベル咲き、葉に斑入りなど、花の形・咲き方もバリエーションが豊富です。

真夏と真冬の温度と光度、湿度など注意する点はありますが、1年中室内で花が楽しめることからセントポーリアは「室内園芸の女王」と呼ばれています。

セントポーリアは、1年を通じてレースのカーテン越しに日が差し込む場所で育てます。

日光不足は花着きが悪くなりますが、直射日光は葉焼けの原因になるので気をつけましょう。生育の適温は昼20~25℃、夜18~20℃程度です。夏は蒸れに注意して、できるだけ涼しい場所に置きます。冬は、10℃以上を保つ所に置きますが、暖房の風が直接当たる場所は避けます。温度が5℃以下になると枯れてしまうので、気温が下る冬の夜は発泡スチロールの箱などに避難させます。

水やりは、生長期の4~10月は土の表面が乾いたらたっぷりと、葉にかからないように株元に与えます。冬はあまり生長しないので回数を減らします。乾燥気味で育てた方がうまくいくようです。ただし、湿度は好むので、時々株全体に霧吹きをして湿度を保ち、葉についたホコリも落としましょう。

肥料は薄めた液肥を月に1~2回与えます。

咲き終わった花や枯れかけた花はこまめに取り除きましょう。

増やすのは葉挿しで行います。適期は6~10月です。傷のついていない元気な葉を3~4cm切り取り、土に斜めに挿します。発根して葉が2~3枚出てきたら鉢に植え替えます。用土は市販のセントポーリア用の土を使うと便利です。

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ