ベゴニア センパフローレンス(四季咲きベゴニア)の育て方

ベゴニアは、シュウカイドウ科ベゴニア属の植物の総称です。大変多くの種類があるので植物学上では様々な分類がされていますが、園芸上では、木立性・球根性・根茎性などに分けられます。

ここではベゴニア センパフローレンス(四季咲きベゴニア)の育て方について紹介します。
ベゴニア センパフローレンス(四季咲きベゴニア)
ベゴニア・センパフローレンスは原産地がブラジルの植物です。シュウカイドウ科の多年草ですが冬の寒さで枯れてしまうこともあるので一年草として扱うことが多いです。

公園の花壇などで見かけることも多いお馴染みの植物ですね。

丈夫で育てやすい、手間がかからない、夏の暑さに強く、春から秋まで開花期間が長いなどの理由からガーデニングの定番植物になっています。花壇やプランター、寄せ植えなどに利用されます。

春になるとホームセンターや園芸店でポット苗が大量に販売され手頃な値段で購入できるのも魅力のひとつ。ガーデニング初心者にもオススメです。

花色は白・赤・ピンクなどがあり、一重咲きや八重咲き、銅葉と緑葉の葉色の違う品種もあります。花壇全体の配色や寄せ植えとして組み合わせる植物にあわせて品種を選びましょう。
ベゴニア センパフローレンス(四季咲きベゴニア)

ベゴニア センパフローレンス(四季咲きベゴニア)の育て方

日当たりと風通しの良い場所で育てます。

鉢植えの場合、水やりは土の表面が乾いたら、たっぷりと与えます。用土が過湿状態だと根腐れを起こしやすいので、乾かし気味にします。庭植えの場合、特に水やりの必要はありません。

肥料は薄めの液肥を月4回、水代わりに与えます。緩効性肥料を用土に混ぜ込んでおいてもよいでしょう。

寒さに弱く霜に当たると葉が枯れてしまいます。晩秋まで楽しんだら処分するか、冬場は室内に取り込んで管理します。

茎を用土に挿す、あるいは、水挿しでも発根するので簡単に増やすことができます。挿し木は4月~10月の生育期間中なら、いつでも可能です。

ベゴニアの病気で一番多いのがウドンコ病で、葉や茎、花びらに白い粉状のカビが生えます。水のやりすぎや多湿が原因なので、日当たりと風通しのよい場所で育て、適切な水やりをすれば防げます。