イングリッシュローズの育て方

バラは種類が非常に多いので、系統、樹形、花の形など色々な分類のしかたができます。「オールドローズ」「モダンローズ」「イングリッシュローズ」という分け方をすることもあります。

オールドローズとはモダンローズが作られる以前に栽培されていた系統のバラです。一季咲きの品種が多く、花の形が優雅で、豊かな香りが特徴です。

オールドローズのあとに出てきたのが、モダンローズと呼ばれる系統のバラです。モダンローズの第一号は「ラ・フランス」という品種のバラです。四季咲き性であること、華やかな花形と色などが特徴です。花屋さんで見かけるバラのほとんどは、このモダンローズという種類だそうです。

イングリッシュローズは、イギリスの育苗家デビッド・オースチンが1961年に発表した比較的新しいバラの品種群です。オールドローズとモダンローズの両方の長所を持ち合わせており、オールドローズからは花容と華やかな香りを、モダンローズからは美しい色や形、四季咲き性を受け継いでいます。

・イングリッシュローズ 育て方のポイント

鉢植えの場合は、たくさんの肥料を必要とするので1鉢1株に。地植えの場合は近くに他の草木がない所を選びます。

水やりは、夏は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。冬の間は土が乾燥しない限り水やりは不要です。元肥として12月中旬~1月中旬に1回、3月中旬~4月中旬、5月中旬~6月中旬、8月中旬~9月中旬にバラ用の肥料を与えます。

花が終わったら、花がらはできるだけ早く切り戻します。5枚葉を2~3枚つけた状態で切ります。

剪定は、最初の1年間は不要です。その後は毎年、それぞれの樹形に合わせた剪定の方法で形を整えます。刈り込みが小さいほど花が美しくなり、大きいほど花が大きくなります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ