ライラックの育て方

ライラックはモクセイ科の落葉樹で、寒さに強く、たいへん良い香りがすることでも知られています。

別名リラムラサキハシドイとも呼ばれ、ヨーロッパ南東部・イラン北部・中国が原産地です。日本には明治中頃渡来しました。

花期は4~6月で、花色は紫・白・赤などがあります。

lilac

ライラックは、寒い地方の木のイメージですが、本州でも十分育てることができる木です。

夏の暑さに弱く冷涼地が適地なので、関西以西では暖地向きの品種を選びましょう。

himerairakku

ライラックの育て方

ライラックの植え付けは、落葉期間中の11月~翌2月中旬が適期です。

明るい日当たりの良い場所を好みますが、2~3時間の日光でも大丈夫です。

暑さに弱いので夏の西日を避けられる風通しの良い場所に植えるとよいでしょう。水はけの良い肥沃な土壌を好みます。

水やりは、庭植えの場合、ひどく乾燥したときを除いて必要ないでしょう。鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、たっぷり与えます。

剪定は、ひどく茂ったとき以外は、あまり必要ないでしょう。冬の時期に、枯れ枝や込み合った枝などは切り落とします。

ライラックは夏に伸びた枝先に花を咲かせるので、夏以降に枝先を切ると花が咲かなくなるので注意しましょう。

剪定を行う場合は、花が終わった直後に行ないます。

肥料は2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。花後は油粕と骨粉を株元にまきます。

病害虫はテッポウムシ、カイガラムシなどが発生します。見つけ次第駆除します。

1~2月に油粕などの肥料を寒肥として与えます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ