スパティフィラムの育て方

観葉植物スパティフィラムの花
スパティフィラムはサトイモ科の植物で和名はササウチワ(笹団扇)といいます。

光沢のある美しい葉と長い花茎の先に咲く白い花。緑と白のコントラストが魅力の観葉植物です。

花は、花びらのような仏炎苞(ぶつえんほう)と、その中心にある棒のような肉穂花序(にくほかじょ)からなっています。仏炎苞が白く甘い香りがするのがスパティフィラムの特徴です。

スパティフィラムは草丈によって大型種・中型種・小型種に分けられ、中型種に「マウナ・ロア」「メリー」、小型種に「ミニ・メリー」などがあります。

観葉植物スパティフィラムの葉

観葉植物スパティフィラムの育て方

半日陰の場所で育てます。日光不足になるとスパティフィラムの花が咲かないのですが、日当たりが良すぎる所でもよくありません。

直射日光の当たらない明るいレースのカーテン越し位の場所が良いでしょう。冬場は日当たりの良い場所に置きます。

水やりは、春から秋は鉢土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えます。生育期はとても水を吸い上げるので水切れには注意しましょう。

秋以降、気温が下がってきたら徐々に水やりの回数を減らしていきます。冬場の水の与え過ぎは根腐れの原因になるので気をつけます。

肥料は、春から秋まで液肥を月に2回与えます。冬の間は肥料は必要ありません。

非耐寒性の植物なので、最低温度8℃以上で管理します。

夏から初秋にかけてハダニが発生するので、予防のため葉に霧吹きをして湿気を与えましょう。

観葉植物スパティフィラムの植え替え

スパティフィラムは生育旺盛なので根がよく張ります。鉢底から根が伸びてきたり、葉先が枯れてきたりしたら植え替えしましょう。

基本的には毎年植え替えしたほうがよいでしょう。根詰まりすると花つきが悪くなってきます。

植え替えの適期は5~9月ですが、花が付いている時期の植え替えは控えた方がよいです。

株分けで増やします。鉢から株を抜いたら土を洗い落とし、ハサミを使って切り分けます。それぞれを新しい土に植えて新芽が出るまで明るい日陰に置きます。