カラジウム(カラジューム)の育て方

カラジウム
カラジウム(カラジューム)はサトイモ科の球根植物。原産地は南アメリカです。

涼しげな葉模様やカラフルな葉模様が印象的。一般的な白い葉のほかにも、赤やピンクなどカラフルな品種がたくさんあります。

花が少なくなる夏に楽しめる植物として欠かせない存在といえるでしょう。

ミニ観葉や鉢植え、花壇で楽しめます。葉が美しいのでカラーリーフとして寄せ植えに使われることもあります。

草丈は30cm、5~10月が観賞期です。丈夫で育てやすいので初心者にオススメです。

カラジウム(カラジューム)の育て方

用土は特には選びませんが、水はけ・水もちのよい土壌を好みます。排水のよい土(赤玉土やバーミキュライト)と腐植性の土(腐葉土やピートモス)を混ぜて植えるとよいでしょう。

庭植えの場合は、腐葉土などを充分に混ぜます。肥料は元肥のみで十分です。

室内なら明るい窓辺、戸外なら半日陰から日なたで育てます。

なるべく日に当てるほうが、がっちりと育ちますが、真夏は葉焼けすることがあるので半日陰がよいでしょう。

赤系統は日差しに強いです。日当たりが悪いと、葉柄が長く伸びて不恰好になります。

花は観賞価値が低く、栄養分を消費するので早めに切り取ります。

水やりは一般的な鉢物と同じように、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。冬は球根の状態なので水やりの必要はありません。

晩秋になると葉が黄色く枯れてくるので、水やりは徐々に控えて土を乾燥させます。

庭植えの場合は、球根を掘りあげて10℃程度の場所で保管します。鉢植えの場合は掘りあげずに鉢ごと保管します。