アルストロメリアの植え替えに適した時期

アルストロメリア

アルストロメリアを植え替える時期や方法について紹介します。

アルストロメリアの植え替え適期

生育の始まる直前(休眠中)の9~10月と3~5月が適しています。

鉢植えの場合は、1~2年ごとに新しい用土で植え直しをします。庭植えの場合は、植え付け後3~4年に1回は行なうようにします。

球根を掘り上げたら、2~3芽を1株として地下茎を切り分けます。球根を乾かさないように、すぐに植え付けるようにしましょう。上にかぶせる土は15cmぐらいです。

四季咲きアルストロメリアの植え替えをしました

庭で育てているアルストロメリアは、夏に休眠しません。春から秋まで咲き続けます。冬は雪に埋もれますが防寒対策をしなくても冬越しできます。

以前、品種や育て方について調べたときは、一季咲きと四季咲きがあるとは知らず、一般的なアルストロメリアの性質と違うのが不思議でした。

我が家のアルストロメリアは、夏も生育するという四季咲き種なのかもしれません。

地植えして数年経つと、混みあってきて、心なしか花の数が以前より少なくなったような気がします。

アルストロメリアの株の中にドクダミが入り込んできたので、除草も兼ねて植え替え・株分けをしました。

ドクダミの地下茎もアルストロメリアの球根も結構土の中深く伸びているので、掘り上げてドクダミの根を取り除くのに一苦労です。

ドクダミの根は、ちぎれて土の中に残ると、又、そこから増えていきます。土の中に残らないよう気をつけるのは大変ですね。

アルストロメリアの関連記事
初心者でも育てやすい!アルストロメリアの育て方
アルストロメリアの花後の管理
アルストロメリアの株分けと植え替え(2013年)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ