ルピナスの苗を庭に植え付け。余った苗は鉢植えにする

ルピナスの苗の植え付けをしました。これは6月下旬に種まきして育てたものです。

およそ2ヶ月半たって7~8センチ位の大きさになり、順調に育ってくれました。

9月に入り暑さも和らいできたので、植え付けするために、一週間ほど前に地植えする準備を始めました。

今回、ルピナスを植えるにあたり、庭の一部を新規開拓。

今まで防草シートを敷いて植木鉢や肥料などを置いてあった場所を片付け、スコップで土を掘り起こし、石灰をまきました。

もう何年も植物を植えたことのない場所で、土がカチコチに固かったので堆肥と腐葉土もすき込みました。

ルピナスの苗の茎をみると、緑色が薄いものと濃いものがあります。これは花の色と関係あるんだろうな、と思いつつ、両方を交互に植え付けて作業完了、といいたいところだったのですが…。

株の間を20センチくらいあけて植えたので、5本しか植えられませんでした。

苗はまだ、7~8本は残っています。詰めて、もっと植えたかったのですが、来年大きくなった時のことを考えると、これが限度みたいです。

ルピナスは移植を嫌うというので、後で植え替えて枯らしてしまったら嫌だし。

庭のどこかに植える場所が残ってないか、ウロウロしてしまいました(^_^;)。

せっかく大きくなった苗を捨てるわけにはいきません。残りは鉢植えにするしかないんでしょうね~。

関連記事
ルピナスの育て方
ルピナスの種まき

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ