リンドウの育て方

リンドウは、リンドウ科の多年草。日本の山野に自生していて古くから愛されてきた植物です。

花期は9~11月。花色は、紫、青、ピンク、白などがあります。

ほぼ世界中に多くの仲間が分布しています。日本には本州以南の山野に自生するリンドウ、東北から北海道に自生するエゾリンドウ、日本固有の高山性植物であるミヤマリンドウ等があります。中国では竜胆と呼び、古くから漢方の健胃薬として知られています。

リンドウといえば「紫」。古来より紫は高貴な色とされ、位の高い人、尊敬に値する人が身にまとう色とされてきました。健康や長寿、尊敬などの印象が強く、敬老の日に贈る縁起のよい花として人気が高いです。

花の色がブルーとホワイトのコントラストという白寿というおめでたい品種名のリンドウは敬老の日の贈り物として人気があるそうです。


リンドウ パステル at.flower / kanonn

リンドウの育て方

リンドウは、保水性のある用土を好みます。水やりは土の表面が乾いたら、たっぷり与えます。花に直接水をかけると閉じてしまうので、根元の部分に与えるようにしましょう。

リンドウは、日照と涼しい環境を好み、太陽の光が不足すると花色が薄くなるので、年間を通じて日当たりのよい場所に置くようにします。

ただし、真夏は西日の当たらない明るい日陰で管理しましょう。秋に鉢を購入した場合は、日当たりのよい場所に置かないと花が咲かずツボミのままで終わってしまうので気をつけます。

種ができると株が弱るので、咲き終わった花は早めに花茎の根元から摘み取るようにします。

花が終わり、地上部が枯れた時期に株分けできます。冬は地上部分が枯れてしまいますが、根は生きているので表土が乾かないように水やりします。

3月と9月の下旬頃に株の周りに置肥を施し、生育期間中は月に2~3回、1000倍に薄めた液肥を与えます。

挿し木で増やすのが一般的ですが、株分けや種蒔きもできます。

挿し木と株分けの適期は5~6月、種蒔きの適期は3月上旬頃です。挿し木は先端を2~3節ほど摘み取り、清潔な土に挿すだけでOKです。

リンドウは寒さには強いです。冬は寒冷地以外、防寒の必要はありません。

関連記事
リンドウの花が咲かない理由