カレル・チャペックの「園芸家12カ月」

庭の手入れをするようになって、かれこれ4年。未だに、初心者の域をでないなぁと思います。なんでだろうと考えてみたら、行き当たりばったりで植物の世話をしているからなのでは?と思い当たりました。

自分で植えてみたい植物の育て方や既に植えてある植物について記録しているわけですが、ブログを始めてからそろそろ1年になります。自分がどうやって育てたか、みなおすことができるので備忘録になるし、ブログやってて良かったです。

植物を枯らしてしまったり、枝を切りすぎて花が咲かなかったり、失敗は絶えないのですが、記録しておけば後でみて同じ失敗をしないですむのでは…などと忘れっぽい自分としては期待している訳です。

ガーデニング初心者状態からワンランクUPしたかったら、植物の様子を毎日見るということが大事なんでは、と思うようになりました。毎日は無理でも、2、3日に1回は元気かな~と見続けていると、以前は気付かなかった、ちょっとした変化が分かるようになってきます。

我が家の庭は、必要最低限の手入れだけして、後はほったらかしを目指していたはずでした。それが、いつの間にか、何年も放っておいたハナショウブをスコップで掘りあげて植え替えしたり、定期的に薬剤の散布をしたり、こまめに花ガラを摘んだりと、すっかり、ガーデニングにハマってしまった感があります。

「園芸家12カ月」カレル・チャペック/小松太郎(訳)という本では、園芸マニアとでもいうべき人々の様子がユーモラスに書かれています。一つの種類の植物にだけ情熱を傾ける人、あれも植えたい・これも植えたいと収集癖にとらわれる人等々。原作が書かれたのは約70年前なのですが、時代や国は変わっても、園芸に魅入られた人間の行動パターンは大して変わりはないものなんですね。読むと、自分にも当てはまる部分があって思わず笑わずにはいられませんでした。

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ