観葉植物の葉焼けの原因と対処法

葉焼けしたクンシラン
室内で育てている観葉植物を急にベランダなどの屋外に出すと、直射日光に慣れていない場合、やけどのような、葉焼けさせてしまうことがあります。

観葉植物をお日様が当たるところに置いたら、葉が茶色くなってしまったこと、ありませんか?

観葉植物の葉焼けの原因

葉焼けは、強い直射日光に当たったときなどに起こります。

葉が痛んで茶色や黒色に変色してしまったり、ひどいときには、乾燥して枯れ落ちてしまうこともあります。

植物には日光は欠かせませんが、種類によっては真夏の日光が強すぎて、葉焼けを起こすものも少なくないそうです。

葉焼けは、日光が強すぎて葉が痛む状態です。葉焼けを起こすのは、日陰を好む植物に多く、また、日光を好む植物でも室内から急に夏の強い光にさらしても焼けます。

屋外に出したいときには、徐々に明るい場所に移動させるようにしましょう。明るい場所に十分慣らしてから屋外に出すと葉焼けしにくくなります。

観葉植物が葉焼けしてしまったときの対処法

葉焼けして色が変わってしまった葉は、元に戻りづらく、戻らないことも多いようです。

葉全体が焼けてしまった場合、取り除いた方が良いでしょう。一部分が焼けた場合は、きれいな部分を残し、カットします。

葉を切り取ったクンシラン

日差しが弱まった秋でも葉焼けには要注意

我が家には、クンシランの鉢があるのですが、昨年、葉焼けさせてしまいました。

春からずっと、屋外の明るい日陰に置いていたのですが、秋になって日差しも弱まったから…と、日向に置いて日光浴させてしまったんですね。

葉先半分が見事に茶色になって、切り取らなくてはなりませんでした。大失敗です~。