夏の植物の手入れ・育て方のポイント

jouro
暑さが厳しい夏は植物にとっても人にとっても大変な時期ですね。夏の植物の手入れポイントを紹介します。

夏の水やり方法

夏の暑い時期は、水枯れの心配をするだけでなく、水のやりすぎにも注意が必要です。暑さや寒さが厳しい時に水をやりすぎると根腐れしてしまうことがあるからです。

水やりは、朝・夕の涼しい時間帯に行ないます。植物にもよりますが夏場の日中に水やりを行うと、水がお湯のようになってしまい、根を傷めます。

昼間にぐったりしている植物をみつけても、その場で水をあげることは良くありません。夕方の涼しい時間になるまで待ってから水をあげましょう。

花がら摘みは小まめに

花を結実させると養分が取られるので全体の花つきが悪くなります。実がつかないうちに、しぼんだ花を摘み取りましょう。

花がらだけ摘み取ったのでは、がくの付け根部分で結実するので、がくごと取り除くようにします。

ベランダでの夏の手入れ

夏のベランダは、日中の温度が50℃近くまで上がることもあり、植物にとっては過酷な環境となります。

コンクリートに直接、鉢を置かないようにしましょう。

木製のスノコを敷いたりレンガを置いて、その上に鉢をのせるなどの工夫が必要です。強い西日を遮るために、葦簾(よしず)を利用するのもよいでしょう。

我が家の庭の状況・2008年7月

7月も下旬に入り、梅雨も明けました。暑い日が続き、我が家の庭の花もちょっと一休みといったところでしょうか。今、咲いているのはギボウシとアルストロメリア、バラくらいです。

暑さのために、最近は庭の手入れもさぼりがちなのですが、朝・夕の涼しい時間帯を利用して無理せずに、ちょっとの時間でもやっていきたいですね。