ゼラニウムを挿し木で増やす方法

春に挿し木をしたゼラニウムに花が咲きました。

5月の始めに挿し木をしたので、2ヶ月半で咲いたことになります。思ったより簡単に根付いたのでビックリです。初心者でも簡単にできたので嬉しいですね。

zerariumu

ゼラニウムの挿し木(さし芽)の適期は4~6月と9月中旬~10月です。

さし穂に選ぶ枝は先端に新芽が付いていて、比較的茎が太くがっしりとしたものを選ぶと失敗しにくいです。

7~8cmの長さで切り、土に挿す部分になる下の方の葉を落とします。目安として開いている葉を3~5枚くらい残します。

土を湿らせてから割り箸などで土に穴を開け、水はけのよい土に挿します。

この時に使用する土は、赤玉土:5、腐葉土:3、バーミキューライト:2の割合の土、又は赤玉土の小粒とバーミキュライトを等量です。

本によって赤玉土の割合などは多少異なります。初心者は市販のさし芽・種まきの土を使用した方が簡単かもしれないですね。

明るい日陰で乾かさないように管理すると2~3週間で発根します。

花が咲かなくなったゼラニウムが復活

我が家のゼラニウムは購入した時の花が咲き終わった後、ほったらかしておいたら花が咲かなくなってしまいました。

2年くらいそのままにしておいたのですが、今年の春、一念発起して剪定と植え替えをして、緩効性の肥料を与えたら、再び花が咲いてくれるようになったのが嬉しかったですね。

剪定した枝を挿して、もう一鉢増やすことも出来たし♪

私の場合は、小粒の赤玉土と庭土を混ぜたものに挿しました。

15センチくらいの鉢に剪定した枝を3本さし、午前中だけ日に当たるような場所に置いて、水やりは1日に1回程度。

ほとんど手をかけなかったのに、根付いた上に花まで咲くなんて思ってもいませんでした。

関連記事
ゼラニウムの育て方