生け垣の刈り込みに挑戦

我が家には生け垣があります。高さは150センチくらい、長さは2メートルといったところでしょうか。生け垣の種類は…、多分、サワラ、だと思います(^_^;)。よく分からないんですが…。

まだ、梅雨は明けませんが、暑い日が続き、生け垣が男の子の伸びすぎた髪みたいにボウボウになってしまいました。さすがにこのままにしておくのはちょっと暑苦しい。昨年は刈り込みを頼んでいたのですが、今年は私が刈り込みをやってみることにしました。

刈り込みをするときに使うのは、刈り込みバサミや電動刈り込み機なんでしょうが、ウチの刈り込みバサミは刃の部分がゆがんで上手く切れないもので、剪定バサミで地道にチョキチョキと切るという結構無謀なやり方でした。

日曜日に思いつきで刈り込みを始めたもので、側面を終えたところで時間がなくなってしまい、上の方は来週やることに。手が届かないので踏み台とか探してこないといけないな、と考えています。足元が危ないので梯子はちょっと…。

生け垣の刈り込み方について調べてみたので、来年の刈り込みのためにのせておきます。

生け垣の刈り込みは側面から行います。基本は、下から上へと刈り込んでいきます。

これは、木の一般的な特性として下枝の方が上枝よりも萌芽力が弱いため、上から下へと刈り込んでいくと、必要以上に下を深く刈ってしまい下枝が枯れてしまう危険性があるという理由からです。

次に上面を刈り込みます。上面は、水平に刈らないといけないので、生け垣の両端に竹ざおなどを立て刈り込む高さに糸を水平に張り、この糸にあわせて平らに刈りそろえます。

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ