ギボウシの名前の由来、ツボミの形をみて納得した話

gibousi01

ギボウシにツボミがついているのを発見しました。

ツボミの形が橋の欄干についている擬宝珠(ぎぼうしゅ)に似ていることから名前がつけられたというのもなるほどという感じの形ですね。

花が咲くのが楽しみです♪

斑入りギボウシを日陰に植える

我が家には以前から斑が入っていないギボウシがあったのですが、斑入りのものがあると日陰の庭が明るくなると聞いて新たに2種類植えました。

gibousi02

フチが白いものとクリーム色のものです。

名前の札をなくしてしまったので品種がはっきりしないのですが、多分、寒河江とパトリオットでしょう。

地植えしたのが一昨年、次の年になっても大きくならないので、てっきり小型の品種だと思っていました。ところが、今年は今までの倍くらいの大きさに育ちビックリです。

大きくなるのに時間がかかる種類なのか、はたまた、やっと我が家の庭に馴染んでくれたのか?

どっちにしても、よくぞ育ったという感じで見るたびに嬉しくなります。

そばにはトクサとホトトギスが植えてあるのですが、その一画がなかなか良い雰囲気になっています。

植物が順調に育っていくのを見るのは楽しいものですね。

何よりほとんど手が掛からないというのが魅力的!冬は地上部が枯れてしまうので、雪囲いしなくてもいいという点も気に入っています。

ギボウシがメインの庭を目指す

ギボウシは、斑入りと斑が入っていないもの、くらいしか認識がありませんでした。

葉の色が青系、黄系のものもあるのだそうですね。

大きさも小型、中型、大型とあるとNHK趣味の園芸のテキストに載っていました。

ギボウシを増やして庭の一画を埋め尽くそうかと考えています。

⇒ ギボウシに関する記事一覧