ラベンダーの剪定とドライフラワーの作り方

lavender02
ラベンダーの花が咲きました。

地植えして1年目だった昨年は、ほんの少ししか咲かずガッカリしていたのですが、今年はたくさん咲いてくれたので、よくぞここまで育ってくれた、と感慨もひとしおです。

昨年の秋に剪定したのが良かったのかな、と思っています。

ラベンダーの剪定時期

ラベンダーの剪定は、初夏の花の時期が終わろうとするころに行ないます。

この時、半分くらいに切ってしまいます。そうすると、夏の間に新芽が出てきて、秋になると、ラベンダーの花がもう一度咲いてきます。

種類にもよるのかもしれないのですが、ラベンダーは1年に2度花を楽しめるのです。

そして、もう1回、冬になったら、今度は3分の1か4分の1に切り詰めると翌年のラベンダーは、今年の倍以上に枝をはり、花も倍以上咲かせます。

ラベンダーの利用法

ラベンダーを楽しむ利用法はいろいろあります。ドライフラワーやリースにしたり、ポプリにして玄関やトイレの芳香剤としたり、サシェ(袋に入れたポプリ)をタンスに入れて防虫剤としたり…。

lavender2013-1

咲くのを楽しむだけであれば、剪定は花が咲き終わってからでかまいません。

しかし、ドライフラワーとして楽しむためには、適期に刈り取らないといけないそうです。目安としてはポツポツと開花し始めたときに収穫するとよいということ。

遅いと花が咲いてポロポロとつぼみが落ちてしまいます。ただ、ポロポロと落ちてしまう状態でも、ポプリとして楽しむなら問題ありません。

lavender2013-2

ラベンダーをドライフラワーにするには

摘み取ったラベンダーは輪ゴムで束ねて逆さにして吊るします。きれいに仕上げるには、湿気が少なく、直射日光が当たらない風通しのよい場所で乾燥させるとよいでしょう。

花が重ならないように、小分けにしてつるしたり、不要な枝や葉を取り除いておくときれいな色が残りやすくなります。

関連記事
ラベンダーの育て方
ラベンダー ポプリの作り方