家庭用コンポスト容器で堆肥作り

野菜くずで堆肥作り
コンポストとは、生ゴミなどの有機物を含む廃棄物に微生物を混ぜ、発酵させることによって堆肥にするという仕組みです。

家庭ゴミの中でも大きな割合を占める生ゴミを堆肥にすれば、ゴミも減って一石二鳥ですね。

コンポスト容器はホームセンターなどで、「コンポスター」として売られていて、地方自治体などが購入時に補助金をだしている例も数多くあります。

初めて堆肥を作る人はコンポスト容器を利用すると便利でしょう。

コンポスト容器には、地上式と埋め込み式がありますが、使い方は基本的に同じです。

生ゴミから堆肥を上手に作るには、いくつかのポイントがあります。
畑作業
コンポスト容器を置く場所は、庭や畑の日当たりがよく柔らかく水はけのよい土の上がよいでしょう。

コンポスト容器を10センチ程度まで埋め、さらに容器の内側の地面を30センチ程度掘って、底の土を柔らかく耕しておきます。少し掘ってからコンポスト容器を置くと、冬でも地熱で分解が促されます。

生ゴミは小さく切る、卵の殻は粉砕するなどした方が分解が進みます。

投入する前に、よく水を切りましょう。

コンポスト容器は密閉されているので、生ゴミが分解して発生した水分が蒸発できず、内部が水分過剰状態になると虫や悪臭が発生することが多いのです。
藁堆肥
枯葉などの有機質もいれて水分調整やバクテリアへの酸素供給をしましょう。

枯葉や土は、それ自体が消臭効果をもっています。生ゴミの発酵を促進させるためにも、ときどき両手に1~2杯の土を入れてゴミと混ぜましょう。

土や枯葉のほか、もみがら、おがくず、米ぬか、骨粉なども発酵促進のため有効です。

コンポストには、ミミズを使う方法(ミミズコンポスト)もあります。

ミミズコンポストでは、生ゴミ臭さはほとんど無く、処理の過程で出るミミズの糞や液肥はガーデニングなどで肥料として使うことができるなどの長所があります。

反面、魚や肉などの動物性の生ゴミの処理は苦手、補助金をだしてくれる地方自治体が少ないなどの短所もあります。

関連記事
堆肥の作り方
雑草で堆肥作り