ピーマンの栽培・育て方

ピーマン
ピーマンは中南米原産のナス科の野菜で、トウガラシの一種です。フランス語でトウガラシを意味する「ピマン」が由来などといわれています。

ピーマンはビタミンB3、C、Eが多く、カリウムを筆頭にミネラル分も豊富、血圧が高めの人におススメです。

夏ばてや紫外線によるシミにも効果があるのが嬉しいですね。

ピーマンは苗から育てるのがオススメ

初心者は、種から育てるよりも5月ごろから出回る苗を購入するのがオススメです。良い苗を作るのは非常に難しいそうです。

苗は、がっちり育ったものを選び、葉数が7~8枚ついている苗を選びましょう。
ピーマンの花
※ピーマンの花

ピーマンの育て方

低温が続くうちは定植しにくいので、植え付けは5月中旬以降に始めるといいでしょう。

ピーマンは通気性のよい土を好みます。植えつけの3週間前までに堆肥をやり、石灰と肥料を施して良く耕しておきましょう。

日当たりのよい場所を選んで植えつけます。植えつける時は株の間は45cmくらいにします。

成長すると、比較的茎が弱いため倒れやすくなるので、早めに1メートル弱の支柱を立てて誘引します。

主枝から伸びた葉の付け根にできるわき芽は、実に栄養を回すため取り除きます。

梅雨明け後に乾燥が続くと、花が落ちて実つきが悪くなるので、水やりを充分にします。

肥料は、葉の色が薄いようなら不足しているので、リン酸を多く含む実がなる野菜用の肥料か、液肥を1~2週おきに与えます。

梅雨時期や夏場は、敷きわらや腐葉土で株元を覆うマルチングをして、乾燥や地温の過度な上昇を抑えましょう。

最初に実った果実を何回か若どりすると、枝の伸びが良くなり、その後の生育、実つきがよくなってきます。

未熟な実は柔らかく、食感がいい上、摘むことで残った株も長持ちします。

収穫期が長いので、その間も追肥するのを忘れないようにしましょう。収穫期間は6月ごろから10月ぐらいまで続きます。

ウイルス病にかかりやすいので初期のアブラムシ防除は充分行いましょう。