庭木の剪定始める

レンギョウやツバキ、ツツジなど花が咲き終わったものからボチボチ剪定を始めました。庭木の剪定は初心者には難しいですね。放っておくと、どんどん伸びて大きくなってしまうし、切りすぎると花が咲かないし、どの枝を切ったらよいのか迷ってしまいます。

レンギョウは一昨年、剪定に失敗してほとんど花が咲きませんでしたが、昨年の剪定の腕前がちょっと上がったのか、今年は結構、花が咲いてくれて嬉しかったです♪庭木の剪定というのは花が咲き終わったら、早めにするのがいいみたいですね。

我が家にはツバキの木が2本あるのですが、そのうちの1本は2メートル位の大きさで手が届かないので、剪定したことがありません。毎年冬には雪の重みで枝が折れてしまうので、今年は梯子を使って少し切ってみる予定。

ツツジは常緑性と落葉性の木が植えてあります。昨年は、あんまり刈り込んだら枯れてしまうかなと、春に一度切って、夏にも切ってというように、伸びてくる度に何回も切っていたら失敗してしまいました。夏に花芽のついた枝も切ってしまったんですね。今年は、花後に大胆に刈り込んで、あとは剪定しないつもりです。

庭木は現状の大きさのままにしておきたいので、剪定は欠かすことができない作業なのですが、毎年、失敗を重ねながら覚えていくしかないのかもしれないですね。

剪定前に自分で書いた記事を読み直しています。

ツツジの刈り込み剪定について
ツバキ(椿)の剪定と育て方
ドウダンツツジの育て方と剪定
レンギョウの育て方と剪定


クチコミblogランキング TREview

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ