ウッドデッキのある暮らし

ウッドデッキが欲しいと思う場合、一般的には専門の業者に頼むケースが多いと思います。しかし、ガーデニングブーム、DIYブームの影響もあって、ウッドデッキを自作したいと考えている方も増えています。

ウッドデッキ材にも色々な素材があるのでどれを選んだらよいか迷ってしまいますね。耐久性のあるもの、腐りにくいもの、手入れ不要のもの、そして木の感触など…。

サイプレス(豪州ひのき)は世界一白ありに強いと言われている高耐久性ハードウッドデッキ材です。サイプレスの特徴は節がきれいで、肌触り、香りがとても素晴らしいところでしょう。加工性も良く値段も手頃です。

ウリン(アイアンウッド)は鉄の木と呼ばれるくらい強度・耐久性を備えたハードウッドデッキ材です。ディズニーシーや小田原城の外堀、公共事業等でも多く使われていて知名度・実績は抜群。耐久性・重厚感・質感も素晴らしいです。

イペはウリンと同様に極めて高い耐久性を持っています。木目が細かいのが特長です。

杉(乾燥木材)は人肌に優しいのが最大の特徴です。加工もしやすく、値段も手頃です。

ウッドデッキ用木材には、その他にもセランガン・バツーや防腐処理をした針葉樹、レッドシーダーなどたくさんの種類があります。

ウッドデッキのキットを使えば、初めての人でも比較的簡単に作れそうです。

■スローガーデニング■ – livedoor Blog 共通テーマ

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ