花カンナの育て方

花カンナ
カンナは熱帯原産の球根植物で、別名ハナカンナ(花カンナ)ともいいます。

カンナには花を観賞するハナカンナと食用のショクヨウカンナ(でん粉質の根茎を食用)があるので、このような別名があるのかもしれませんね。

カンナは様々な品種があり、花色は赤や黄色・橙色など、葉色や草丈もバラエティに富んでいます。

熱帯原産なので暑さに強く初夏から秋にかけて大きく鮮やかな花を咲かせ続けます。

暑さが厳しく植物が弱ったり枯れたりして庭の彩りが乏しくなりがちな、夏の花壇にピッタリの植物といえるでしょう。
花カンナ

花カンナの育て方

カンナは暑さだけでなく病虫害にも強く、あまり手間も掛からないのでガーデニング初心者にも育てやすいです。

特に何もしなくても、霜が降りる時期まで咲き続けます。

植え付けは、地温が10度以上になる4月上旬ごろが適期で、日当たりのよい場所を選びます。

肥沃な土壌を好むので堆肥や腐葉土、化成肥料を多めにすきこみましょう。

植える深さは10cmくらい土がかかるようにし、並べて植える場合は70~80cmの間隔を置きます。

真夏には毎日、水やりしましょう。真夏以外は地植えの場合は特に水やりの必要はありません。

液体肥料を月に2回ほど与えるか、大粒の緩効性化成肥料を多めに置肥しておきます。

花がらを残しておくと種ができることがありますが、種をつけると、その後の花つきが悪くなるので花がらは早めに取りましょう。

花後は球根を堀上げ、2~3℃になる場所で管理します。暖かい地方では、植えっぱなしでも越冬できます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ