ミニ耕運機で家庭菜園の土づくり

家庭菜園
家の庭の一部を家庭菜園にしたり、市民農園を借りるなど、この春から家庭菜園を始めようと思っている人は多いのではないでしょうか。

家庭菜園の基本は土づくりです。

おいしい野菜を育てるためには、土を掘り起こしたり、うねを起こしたりなどの作業があります。

これらの作業にはクワやスコップを使いますが、意外にたいへんな仕事です。私のように腰痛があると尚更きついといえます(^_^;)。

そういう時は無理をせず、耕耘機を活用するのがよいと思います。

ミニ耕運機は、力仕事も軽くこなすことが出来るので、初心者の方に特にオススメといえます。

軽量で操作も簡単なので、女性や中高年の方にも無理なく使えるでしょう。
家庭菜園

良い土づくりの方法

新しく家庭菜園をつくる場合は、まず雑草や石などを取り除きます。

畑の土を運んで土を入れ替える方法もありますが、次の方法で毎年土づくりを行なうと、土壌が改良されてだんだん肥えた土になっていきます。

◆土の掘り起こし(天地返し)
土をスコップで30cm程度掘り起こし、地下部分となっていた土を地表に出します。

この作業を行なうことで土の中の病害虫や雑草の宿根を寒さにあてて退治することができます。また、土が空気を含んでやわらかくなります。

◆堆肥のすき込み
植付けの2~3週間前くらいに堆肥をすき込みます。土の状態と植え込む植物で加減します。

無難なのは繊維質の多い腐葉土で、1平方メートルあたり2~3リットル位です。野菜を作る場合や何も作っていなかった場所に新しく植え付ける場合は多めにすると良いでしょう。しかし肥料のやりすぎには注意が必要です。

◆石灰の散布・すき込み
植え付けの2週間前くらいに行います。地表がうっすら白くなる程にまいて、すき込みます。

◆うね立て
うねは立てなくとも植物は育ちますが、立てておくと根の周囲に空気が入りやすいので生育が良くなります。