ラディッシュの育て方

ラディッシュ
ラディッシュはアブラナ科の野菜で、種をまいてから20日位で収穫できることから、ハツカダイコンとも呼ばれています。

原産はヨーロッパで、明治時代に日本に伝播した植物です。ピリッとした辛味があり、サラダや浅漬けなどにして食べます。

ラディッシュの育て方

自分で育てた野菜が食卓に並ぶのは楽しいものですよね。ラディッシュは丈夫で生育が早いので、家庭菜園初心者にもオススメです。

ラディッシュは一年中種まきができますが、春(3~5月)と秋(9~10月)が最も育てやすいでしょう。

ベランダや日の当たる室内で育てましょう。

プランターに鉢底石を敷き、培養土と肥料を入れます。化成肥料の場合は大さじ2~3杯、培養土と有機肥料の場合は3対1ぐらいの割合で混ぜます。

ちょっと値段が高いですが、肥料入りの培養土であれば、種をまくだけです。

種をまく前に水をたっぷりと含ませます。種は均一にばらまき、その上に薄く土をかけます。

芽が出るまでは乾燥させないように水を与えます。

芽が出る前や、芽が小さいうちは、流れないように霧吹きを使うとよいでしょう。芽が出たら、1週間に1回、液肥か化成肥料を追肥します。

3~5日で発芽するので、混んでいるところを間引きます。本葉が込み合ってきたら、早めに間引くようにしましょう。
間引かずに全部育てようとすると、すべての生育が悪くなるので注意します。間引いた葉は貝割れ大根として、サラダなどで食べましょう。

収穫の目安は本葉が5~6枚になり、土から根の姿が見えはじめた頃。収穫が遅れると、スが入っておいしくありません。