春咲きエビネの育て方(初心者向き)

エビネ

エビネの仲間には春咲き種と夏咲き種があります。ここでは春咲きエビネの育て方について紹介します。

エビネとは|特徴

エビネは、ラン科エビネ属の多年草で、日本、朝鮮半島南部、中国東部から南部が原産地です。

日本には約20種が自生しています。

春咲きエビネの代表がエビネで、ジエビネとも呼ばれています。

その他、エビネラン、ハックリ、カマガミソウ、スズフリソウなどの別名もあります。

草丈は30~50cm。開花期は4~5月です。

花色は豊富で、白・ピンク・赤・オレンジ・黄・紫などがあります。

エビネの花が咲く様子は、ひっそりとした深山の花をイメージさせます。

他の種類と交配しやすいことから品種改良が盛んで、たくさんの園芸品種があります。

一口にエビネといっても、見た目や花色、香りなど様々で、その違いがエビネの魅力といえるでしょう。

花壇やベランダの雰囲気に合う品種もあり、海外でも人気の植物です。

エビネの育て方のポイント

冬から春にかけては日が当たる環境を、夏は日陰の環境を好みます。

直射日光の当たらない半日陰で育てるとよいでしょう。

地植えなら、落葉樹の下などの場所が適しています。

花が半分以上咲き終わったら花がら摘みをします。株の根元を押さえて花茎をしっかりと握り、ねじるように回して上に引っ張ってとるようにしましょう。

株が鉢いっぱいになった時は、植え替えをします。用土は赤玉土や軽石などを使うとよいでしょう。

植え替えは、花が咲く前の3月、開花直後、または9月が適期です。

鉢植えは2~3年に1回を目安に植え替えます。植えつけるときは、新芽のあるほうを広く開けるのがポイントです。

庭植えは4~5年に1回植え替えます。込み合った株を分けて整理して植え直します。

水やりは、鉢植えの場合、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。地植えの場合は、特に水やりの必要はありません。

肥料は春の花後と秋(9~10月)に市販の液肥を与えます。夏と冬には、肥料を与える必要はありません。

エビネは冬になると葉が地面に張りつくように垂れ下がりますが、翌春に新しい葉が出るまで切らずに残しておきます。