エビネの育て方

エビネは、ラン科エビネ属の多年草で、日本には約20種が自生しています。その中で、エビネとして盛んに栽培されているのはエビネ、キエビネ、キリシマエビネ、ニオイエビネ、サルメンエビネなどの5種程度と、それらの雑種です。

エビネの花は4月から8月にかけて咲き、その様子は、ひっそりとした深山の花をイメージさせます。エビネは鉢植えが一般的のようですが、木陰であれば地植えもできます。冬から春にかけては日が当たる環境を、夏は日陰の環境を好むので、落葉樹の下などの場所が最適でしょう。

エビネの育て方のポイント

・エビネは通気と水はけのよい土が適しています。
 地植えの場合は、植えつける場所に腐葉土をすき込んで
 おきましょう。
・直射日光の当たらない半日陰で育て、冬は霜や凍結に
 注意します。
・水やりは春と秋には、乾いたらたっぷり与えます。
 夏は朝と夕に水を与え、冬の水やりは控えめにして
 乾かし過ぎない程度に与えます。
・肥料は春の花後と秋(9~10月)に油かすと骨粉を
 等量混ぜた親指大の団子を2~3個置肥します。夏と
 冬は肥料は必要ありません。

エビネは冬になると葉が地面に張りつくように垂れ下がりますが、翌春に新しい葉が出るまで切らずに残しておきます。

☆☆花&植物☆☆ – livedoor Blog 共通テーマ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ