シェードガーデンについて

シェードガーデンというのは「日陰の庭」のことです。

一日中、日当たりのよい庭というのは、あまり見当たらないのではないでしょうか。

日向があれば日陰があるのは当たり前で、一日の大半が日陰という庭もあります。

しかし、日陰だからガーデニングが出来ないということはなく、日陰だから楽しめるガーデニングもあります。

gibousi10

どんなシェードガーデンにするかを考えるには、まず、庭の日当たりの状況を確認することが大切です。

・一日中、日が当たる
・午前中だけ日が当たり、午後には日陰になる
・一日中、日が当たらない

他にも北向き、南向きなどによっても日照条件が違ってきます。

半日陰は、1日4時間ほどの日照時間があるところ。日陰は、1~2時間ほどしか直射日光が指さないところを指します。

庭に植えている植物の育ちが悪いのは日向を好むものを日陰に植えていたり、その逆だったりということもあるかもしれません。

それぞれの場所に合った植物を植えるようにして日陰の庭を楽しみましょう。

半日陰を好む植物には、ケマンソウ・スズラン・シュウメイギク・クリスマスローズ・スノードロップなどがあります。

半日陰~日陰を好む植物には、ギボウシ・エビネ・ヤブラン・ツワブキ・シャガなどがあります。

斑入りの葉や葉色が明るいものなどたくさんの種類があるのでカラーリーフを楽しむのもよいでしょう。

関連記事
ギボウシの育て方
シュウメイギク(秋明菊)の育て方
クリスマスローズの育て方
スズランの育て方
エビネの育て方
ツワブキの育て方
ヤブランの育て方

■スローガーデニング■ – livedoor Blog 共通テーマ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ