エアープランツの育て方

エアープランツ

エアープランツとは

エアープランツは、パイナップル科チランジア属の植物で北アメリカ南部~南アメリカが原産地です。

正式な名前はチランジア(ティランジア)といって600以上の種類が存在しますが、エアープランツの名称で販売されている場合が多いようです。

土がなくても育つ植物として有名ですね。原生地では樹木の幹や岩などに着生して、葉などから水分や養分を吸収し成長します。根は、風に飛ばされないように他の樹木や岩に絡みつく役目をしています。

土が不要なので手軽に育てられる、インテリアが高く様々な飾り方で楽しめるなど植物を育てるのが初めてという人にも向いているといえそうですね。

100円ショップやホームセンター、雑貨屋さんなどで販売されています。

エアープランツの育て方

エアープランツは風通しのよい場所に置いて育てます。種類により多少違いはありますが、直射日光の当たらない明るい日陰がよいでしょう。

夏の締め切った室内などに長時間ほったらかしにしていると、蒸れて腐ってしまうことがあります。エアコンの風が直接あたるような場所には置かないようにします。

エアープランツは、乾いていていれば寒さにも耐え、凍らなければ枯れません。

最低成長温度は5℃で、それ以下になると成長が止まります。出来れば10℃以上に保つようにするとよいでしょう。

屋外で育てている場合は、霜が下りる前に室内に取り込みます。

エアープランツの水やり

エアープランツの水やりは、霧吹きとソーキングという方法があります。霧吹きは水分を与えるというよりは乾燥防止のためです。

ソーキングというのは、一定時間水につけておくことで、充分に水分を補給するために行ないます。やり方は、バケツや洗面器などに室温に戻した水を入れ株全体を6~8時間浸けます。注意点としては水をやった後、いつまでも湿らせておかないことです。引き上げたら、蒸れないように水をよくきって乾燥させます。湿った状態で気温が上がると蒸れてよくありません。

エアープランツは、夜に気孔を開いて給水や呼吸をする性質を持っているので、水やりは夕方から夜のあいだに行います。

水やりの回数は種類によって異なりますが、春と秋は成長期なので、水やりを多めにします。

エアープランツは蒸れに弱いので、夏に水をやりすぎると腐る原因となります。

強い光が当たって急激に温度が上昇するような時は水やりを控えたり、ソーキングの後は、気温が上がる前に乾かすなど特に注意が必要です。

冬は温度が低いため、あまり水を必要としません。成長期の半分を目安とします。

エアープランツの飾り方

インテリアとして、そのまま飾るのもOKですが、天井から吊るしたり、壁に掛けたり、流木や板と組み合わせてみたり、など色々な飾り方が楽しめます。

100均でエアープランツでオシャレなインテリアを楽しんでみるのもよいかもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ