グラジオラスの育て方

グラジオラスはアヤメ科の半耐寒性球根です。

鋭く尖った葉が印象的なグラジオラスは品種が豊富で、花色も赤、ピンク、白、黄色と多彩。

夏の花壇には無くてはならない植物といえるでしょう。

大輪の花を咲かせる夏咲き種と可憐な雰囲気の春咲き種の2種類に大別されます。

gurajiorasu01

グラジオラスの育て方

グラジオラスは日当たりと水はけのよい場所を好みます。

連作すると球根腐敗病が出やすくなるので、シーズンごとに日当たりが良い別の場所に植えるようにします。

あまり日が当たらない場所では、葉だけが茂り、花芽が付かなくなるので気をつけましょう。

葉が5枚ほど出て、ツボミができたら、開花したときに強い風が吹いても倒れないように支柱を立てます。

夏咲き種は3月下旬~4月上旬が植え付けの適期です(春咲き種は10~12月)。

庭植えの場合、耕す土の深さは30cmほどで、堆肥と肥料をよく混ぜます。

植える深さは球根2個分、まとめて複数の球根を植える場合は、互いに3、4個分の間隔を空けます。

グラジオラスは植えると1ヶ月くらいで発芽し、80~90日たつと開花します。

この時期に植えると、暑さがピークになる前に花が咲き、花もちも良くなります。

6~8輪ほどが一度に咲くのが、切り花としてもユリや蘭に負けないほど豪華です。

gurajiorasu02

グラジオラスの葉が黄色く変色してきたら、夏咲き種は11月上旬、春咲き種は7~8月に掘り上げます。

球根は葉をつけたまま数日置き、さらに葉や茎を切り離して陰干し。冷所で保管します。

水やりは、土が乾燥したら与える程度で、水が花にかからないように注意します。

害虫にはオルトラン粒剤などをまいて予防します。