観葉植物の冬の寒さ対策・屋内の手入れ方法

観葉植物の冬の管理
外にでるのが億劫な冬は、室内で観葉植物の緑を楽しみたいですね。観葉植物の寒さ対策や屋内の手入れ方法で気を付けたいことについて紹介します。

自分が育てている観葉植物がどの程度までの寒さに耐えることができるか、知っておくのは大切なことです。

最低気温が5度まで耐えられるという観葉植物もありますが、中には寒さに弱いものもあります。1日の最低温度を高めに保つようにしましょう。

観葉植物は日中、日の当たる窓辺に置くことが多いと思いますが、夜になると窓辺は冷え込みます。

夜間は部屋の中央に置くと温度変化が少なく植物が傷みません。毎日移動させるのは面倒でも、ひと手間かけることで観葉植物は元気に育ちます。

観葉植物の水やりは基本的に鉢土が乾いたころにたっぷり与えるというものです。しかし、部屋の温度が15度以下に下がるような場合は夏と同じように水やりをしていると過湿になって根が傷みやすくなるので注意が必要です。

水やりの回数を減らして乾かし気味にします。また、根を冷やさないようにくみ置きした水やぬるま湯を使いましょう。

暖房の効いた部屋は乾燥しやすいものです。乾燥するとハダニなどの害虫が発生しやすくなるので、霧吹きで葉に水をかけるとよいでしょう。大きな葉の植物は、時々葉の表面をぬれ雑巾でふいてもよいです。

観葉植物に暖房の風を直接当てないようにすることも大事です。