風水ガーデニングの本で運気アップ!?

観葉植物で風水
風水ガーデニングというものがあるそうです。

風水とは自然と調和して生きていくための術で、その起源は何千年も前の中国の有史以前にまでさかのぼるといいます。

正しい場所を選び、そこで生活し働くと、幸福に満たされた豊かな生活ができると信じてられているとか。

とはいえ、風水とガーデニングはどういう関係があるの?と思ってしまいます。

書店に行くと風水ガーデニングについての本が何種類もありました。

Dr.コパの風水・開運ガーデニング

家と庭の関係や庭から見た門の方位の吉凶、また「龍脈」と呼ばれる気の通り道からくるラッキーゾーンの利用の仕方、花壇で開運する方法などが紹介されています。

家と庭、そして道路との位置関係は新築でもしない限り変えられませんが、花壇の植栽によって開運しようという部分は参考になります。

方位別にラッキーカラーや適した庭木や草花などが記載されているので、どんな植物を植えようか迷った時にはいいかもしれません。

幸運をまねくガーデニング風水

ガーデニング風水とは、この本によると、植物には「気」の循環を促し、運気を好転させるパワーがあるそうで、植物を育てることで自分の運気を育てるというものです。

屋外(庭・ベランダ)だけでなく、屋内(インテリア)についても書かれているので、鉢植えひとつからでも、運気UPをめざせるというのがよいですね。

庭やベランダの方位別ガーデニングプランから、玄関・リビング・寝室などに効果的に植物を取り入れる方法、仕事運・恋愛結婚運・金運などの運気別開運テクニックまで、多角的にガーデニングのポイントを伝授してくれます。

幸せになるための庭づくり―ガーデニング風水

ニュージーランド生まれのリチャード・ウェブスター氏のガーデニング風水本です。

欧米で大人気の本だそうですが、欧米で風水というのも、なんだか面白いですね。

運気がアップしたという実感は本人の主観によるところが大きいので実際のところ効果は分かりません。

しかし、風水ガーデニングがきっかけで植物を育てることに興味を持つ人が増えるのはいいことではないでしょうか。

植物は眺めるだけでも癒されますから。

無理しない範囲で風水を取り入れてみたいな、と思います。