ナチュラルガーデンで自然を楽しむ庭づくり

ナチュラルガーデンという言葉を耳にする機会があるのですが、ナチュラルガーデンってどんな庭なのでしょう。

ナチュラルガーデンとは

自然の風景を再現した庭のことです。ナチュラルガーデンはイギリスで生まれ、自然の風景をもっと大切にしよう、という考えが広まるにつれ、広く浸透していくようになりました。

きちんと整理された庭ではなく、自由に、統一性よりも変化を大切にすること、そして四季折々好きな植物を好きなように植えることでナチュラルガーデンはできあがります。

ナチュラルガーデンは作ってすぐに完成するのではなく、年々こぼれダネで増えていく植物たちとともに、時間をかけて作り上げていくものです。

とはいえ、どうやったらナチュラルな雰囲気になるの?と思ってしまいます。ナチュラルガーデンづくりのポイントについて調べてみました。

ナチュラルガーデンのデザイン

植物を一直線に植え込むのではなく、曲線を描くように意識してデザインします。手入れしやすいように、小道や空間を作っておくと便利。

同じ植物を1か所に植えるのではなく、分散させたり、小さな固まりにして植え込んでいきます。

こぼれダネで育った花をそのまま生かすと、よりいっそうボリュームのあるナチュラルガーデンとなります。

ガーデングッズは、木やテラコッタ、モスポット、籐など、自然素材のものを取り入れ、新品よりも古びた雰囲気のものにするとよいでしょう。

ナチュラルガーデンの第一人者ポール・スミザーさんの本です。
 ↓ ↓ ↓

ナチュラルガーデンをつくろう!―地元の素材で美しい風景を

ナチュラルガーデンに合った植物選び

多年草と一年草を植えて花期をうまく組み合わせると、花のない時期を短くすることができます。

植えるときは奥に高い花、手前に低い花を植えます。いろいろな高さの花を植えると、よりナチュラルな雰囲気になります。

ところで、「ナチュラルガーデン=自然=手間がかからない」ではありません。

ナチュラルだから…と何の手入れもしないで放っておくと、ただの草むらになってしまい、病虫害が発生したりもします。

雑草を摘み取る、花がらをこまめに摘む、込み合ってきたら間引くなどの作業が必要です。

出来るだけ楽をしたいと思っている人には、ナチュラルガーデンは、なかなか大変といえそうです。

でも、ガーデニングの楽しさに目覚めてしまった人には、とても魅力的な庭なのだそうですよ。