冬囲い・雪囲いの仕方|庭木を雪から守る方法

冬囲い
庭木の雪囲いは、雪国に住んでいる人間にとって欠かすことができない作業です。

手間がかかりますが、降った雪の重みで枝が折れるのを防ぐためには必要なものですね。

この記事では、雪囲いと冬囲いの違いと種類、我が家の雪囲いの様子を紹介します。

雪囲いと冬囲いの違いとは?

青森県に住んでいる私は、庭木を雪から守るために囲いをすることを雪囲いと言っています。

地元の新聞でも公園の樹木を囲うことを雪囲いといっていますし、普段の会話でも雪囲いを使っています。

ところで、ネットで検索してみると雪囲いと似たような言葉で冬囲いがありますが違いはあるのでしょうか?

冬囲い(ふゆがこい)とは、樹木(主に庭木)を積雪や冷気から保護することを目的に、藁や筵を使って囲むこと(行為)をいう。積雪寒冷地で広く見られる光景で、金沢の兼六園で行われる「雪吊」も冬囲いの一種である。
出典:wikipedia 冬囲い
—————
雪囲い
庭の樹木などを雪の重さや冷たさから守るため、個々の植栽ごとに木材やわらなどで囲み、雪の重みを他方向にそらすような工夫を行うこと、またその囲みのことも雪囲いと呼んだり、あるいは「冬囲い」や「雪吊り」などという。

出典:wikipedia 雪囲い

一般的に、次のように区別して使われているような気がします。
・冬囲いは雪から庭木を守るために行う
・雪囲いは雪から家屋を守るために行う

ただし、積雪地帯では庭木を雪から守るために囲う必要があるので「雪囲い」が使われることが多いのかもしれません。

庭木の雪囲い(冬囲い)の目的は?どんな種類がある?

【雪囲いをする主な理由】
・雪の重みから樹木を守る
・寒さから樹木を守る
・冬季の景観を楽しむ

【雪囲いの種類】
雪囲いの種類には、雪囲い(3本立て)・結束・雪吊りなどがあります。
ちなみに、名称や呼び方などは地域や職人さんによって違いがあるようです。

例えば、藁で巻いた「藁巻き」、低木の上に竹で格子を組んだ「竹棚」、樹木を板で囲う「板囲い」などがあります。

雪囲い(繩巻き)
繩巻きは、低木で枝が細くて柔軟な樹木に適した方法です。
出典:https://pucchi.net/hokkaido/snow/jitaku01.php

雪囲い(竹囲い)
竹囲いは、3本以上の竹を円錐状に立て、その周りを縄で巻いて固定したものです。
出典:https://pucchi.net/hokkaido/snow/jitaku01.php

公園などにある樹木の場合は、公共の場ということもあり、縛り目を揃えたり、縛り目の高さを揃えたりなど、見た目にもきれいに雪囲いされていますね。

自宅の庭木を雪囲いするときは、雪から守ることが目的なので、どのような方法を取ってもかまいません。
木の大きさや種類などに合わせて縛ったり囲ったりします。

使用するのは、荒縄や竹、木材、板、ネットなどです。

我が家の雪囲いのやり方|自己流で簡単に!

冬の間は積雪量が1mを超えることもあるので、低い庭木なら、すっぽりと雪に埋まってしまいます。

なので、雪囲いをしてないと、春の雪解け時には枝が引っ張られて折れてしまうことも多いです。
ツボミがついた枝が折れてしまったことが何度もありました。

yukigakoi01
※昔の雪囲いの様子(1997年頃)

雪囲いのやり方は庭木の種類や高さ、幅などで様々です。

松などでは雪づりをするなど、専門の業者さんがきれいに作っていますね。

我が家の庭では雪囲いもそうですが、いろいろと手間がかかるため大きな庭木はありません。精々、背の高さくらいになるよう剪定してしまいました。

雪囲いのやり方も自己流で、近所の庭の雪囲いしてあるのを参考に見よう見まねでしています。

以前は、雪囲い用に大きなスノコ型の板を使っていたのですが、重いので、だんだん使わなくなりました。

今はもっぱら5本くらい支柱をたてて、縄でまくようにしています。
木によっては、その上に古くなった竹の簾を巻いたりもします。

近所の庭の雪囲いの様子を見ると

・1本の紐でぐるぐると巻きつける。
・支柱(材木)を3本くらい立てて三角錐の形を作り、上部をまとめて結わえる。
 又は、支柱の周りをムシロやネットなどで囲む。
・スノコを立てかける。

など、いろいろなやり方で雪囲いをしています。

ホームセンターでは雪囲い用のスノコ状の柵が販売されています。
支柱を結ぶ必要がないので簡単に雪囲いしたいときに便利ですね。

雪囲いをするたびに、豪雪にならなければよいなと思ってしまいます。
今冬の積雪量は、どれくらいになるのでしょうね。