板橋区立熱帯環境植物館(東京都板橋区)について

板橋区立熱帯環境植物館(グリーンドームねったいかん)では、世界の3大雨林の中から、熱帯材の輸出入などをとおして日本と密接な関係にある東南アジアを中心とした熱帯植物、魚類を展示し、一連の熱帯環境を再現しています。

施設全体で約3000㎡、そのうち植栽面積は1000㎡で、地下1階から地上2階までの吹き抜けとなる大空間となっています。

また、施設の運転に必要な熱エネルギーは併設された温水プールや高島平ふれあい館とともに、隣接している板橋清掃工場の余熱を利用した省エネルギー型の施設として平成6年9月に誕生しました。

館内にはミニ水族館や潮間植生、熱帯低地林、集落景観、山地帯植生(冷室)、企画展示室、図書コーナー、喫茶室、映像ホールなどを備えています。
潮間植生
池の水槽にマングローブやニッパヤシが茂っている様子が間近に見られます。温室には約300種1400本の植物を展示しています。

熱帯低地林
潮間植生につづき熱帯低地林を再現。

集落景観
ニッパヤシの葉で屋根を葺いたマレーハウスの登場。熱帯の果物や芋類などが見られます。

山地帯植生(冷室)
熱帯の高山植物を展示しています。ここは冷室となっており、夏は涼しく人気のコーナーです。シャクナゲやラン、ウツボカズラの仲間を見ることが出来ます。

●板橋区立熱帯環境植物館(グリーンドームねったいかん)
〒175-0082
東京都板橋区高島平8-29-2
TEL:03-5920-1131
アクセス:都営三田線「高島平駅」東口から徒歩7分

日記 – livedoor Blog 共通テーマ

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ