東京都夢の島熱帯植物館(東京都)について

夢の島熱帯植物館は、「熱帯植物とわたしたちの生活との関わり」を広く紹介するための施設です。大温室でさまざまな熱帯植物と、植物が生みだすエキゾチックな風景を楽しむことができます。また、映像ホールや情報ギャラリー、イベントホールで植物や熱帯についての知識を得ることもできます。

夢の島熱帯植物館のエントランスホールを入って、右手がAドーム。ここは滝が仕掛けられ、周囲には水辺に多い熱帯植物が。シダ類やオオオニバスなどがあるかと思えば、赤い風鈴のようなかわいい花、その名もフウリンブッソウゲという珍しい植物も見られます。

滝の裏側を抜けると次のBドームに入ります。こちらはヤシ類が中心、高さ30メートル近いダイオウヤシの堂々とした姿も。ほっておくと、のびすぎて天井のガラスを突き破ってしまうので、ときどき先端を切らなければならないとか。しかし、こんな立派なヤシの木でも、材質は水分が多くてグズグズ、建材にはなりません。ウドの大木ならぬヤシの大木です。

最後のCドームは東京都の一部である小笠原諸島の亜熱帯植物群。3ドーム合わせて約1〇〇〇種の植物が見られます。  

館内を一回りすると、知らず知らず熱帯植物と人間生活との関わりが学べるようになっています。夢の島熱帯植物館は楽しみながら植物について学べる場所です。

●夢の島熱帯植物館
〒136-0081
江東区夢の島3-2
TEL:03-3522-0281

日々の暮らし – livedoor Blog 共通テーマ

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ