観葉植物 ユッカの育て方

ユッカ
ユッカはキジカクシ科イトラン属(ユッカ属)の観葉植物です。

原産地である北アメリカ大陸・中央アメリカでは47種が自生していますが、一般に日本で観葉植物として販売されているのはユッカ・エレファンティペスという種類だそうです。

暑さに強く、日陰でも育ちます。丈夫で育てやすいので初心者にも向いているといえるでしょう。

観葉植物 ユッカの育て方

ユッカは日当たりの良い場所に置きますが、真夏は日差しが強すぎるので明るい日陰で育てます。

室内でも十分育ちますが、室内の場合はできるだけ日光が届く範囲に置きます。

光量不足になると葉が間延び(徒長)して、貧弱な幹となってしまいます。できれば、生育期の5~9月は屋外の日当たりの良い場所に置き、冬は明るい室内に移動させるとよいでしょう。

ユッカは耐寒性の強い植物なので、保温の必要性はありません。

水やりは鉢土が乾いてきてからたっぷりと与えます。冬は、鉢土表面が白っぽく乾いて3~4日してから水を与えるというように控えめにします。

冬の水の与え過ぎは根腐れの原因になるので注意しましょう。また、冬は空気が乾燥するので、週に1~2回程度、日中の暖かい時間に霧吹き等で葉水を与えて湿度を保つようにします。

肥料は、春~秋の生育期に緩効性化成肥料を与えます(2ヶ月に1回程度)。冬、寒さで根が活動していない期間は肥料を与える必要はありません。

病害虫カイガラムシが付くことがあるので、歯ブラシなどで落とします。