球根の水栽培

ヒヤシンスやクロッカス、スイセンなどは水栽培でも簡単に育てることができるので初心者にも向いています。秋植え球根の水栽培は、生育中から開花まで、室内で楽しめるのがよいですね。手軽に屋内でできる水栽培は、土をつくるのが面倒という人にもおすすめです。

球根の中にはたくさんの養分が蓄えられています。一部の種類では、球根の中で花芽がすでに出来ていて、肥料を全く与えなくても花が咲きます。水栽培というと、ヒアシンスやクロッカスが有名ですが、スノードロップやムスカリなどもそうです。

球根を選ぶときは、水栽培用を選びます。水栽培用の表示がなければ、店頭で必ず確認しましょう。球根は大きくて、形が丸々として張りがあり、ずっしりと重く詰まった感じがするものを選びます。

水栽培を始める時期は、気温が15~16℃に下がる頃がよいでしょう。園芸店などで水栽培用の容器が市販されているので、それを使うと便利です。ヒヤシンス用、クロッカス用など球根のサイズによって専用容器があります。もちろん、牛乳パックやペットボトル、日常使っている容器などを工夫して使うのもよいでしょう。ミカンが入っていたネット袋を掛けるなど球根が落ちないようにすれば、どんな容器でも使えます。

最初は球根の根が出る部分が浸る程度まで水を入れ、暗くて気温の低い場所に置きます。根の伸びに合わせて水の量を減らし、根が酸素を吸えるようにしてあげることが大事です。最終的に、水は容器の3分の2残すくらいにします。。

芽が出始めたら、室内の明るいところに置きます。1月中ごろまでは、低温で管理し、2月初めに暖かい部屋に移動させます。

花 植物との暮らし – livedoor Blog 共通テーマ

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ