冬のガーデニング作業(春に向けての土作り)

土作り
雪が積もる寒冷地では庭のガーデニング作業はお休みですが、雪が降らない地域でも、冬の間はガーデニングはお休みという方も多いかもしれませんね。

しかし、冬だからこそ出来る庭仕事もあります。来年の春に向けて植物が休んでいる冬の間に土作りをしておきましょう。

花壇の土壌改良

冬の間は何も植えていない花壇の土を改良してみましょう。

土を荒く掘り返して、寒さにあてる「寒ざらし」をします。これは、40cmくらい土を掘り返し、寒さに当てることによって害虫の卵や幼虫を退治するために行ないます。

この作業を月1回程度、つまり冬期に2~3回行うことになります。作業自体はこれだけで難しいことではありません。

2月下旬頃、最後の作業の際に苦土石灰と堆肥を土に混ぜ込みます。

雪が積もる地方では雪の積もる前の11月下旬と、雪が解ける3月頃に行うと良いでしょう。

鉢植えに使った土の改良

鉢植えやコンテナで植物を育てた後の土は、もう少し手間がかかります。

まず、鉢やコンテナの中の土をすべて出し、鉢底土、根や枯葉を取り除きます。

次に残った土を目のあらいフルイにかけて、残った根や雑草、ゴロ土を取り除きます。

こうして選り分けた土は、園芸用トレイに不織布を敷いた上にあけ、水をたっぷりかけます。

後はこの土を充分寒さにあてます。水でなく熱湯を使うと、病害虫の殺菌効果があがります。花壇の土と同じように、月に1回程度上下を入れ替えると、更に効果的です。

春に植付ける時は、赤玉土、腐葉土、ピートモスなどを加えて使います。市販のリサイクル材を利用するのもオススメです。