シュウメイギクを衝動買い

2007shuumeigiku
シュウメイギク(秋明菊)を買いました。ホームセンターで、なにげなく花の苗のところをみていたら、安売りしていたのです。

時期的に花や苗の出回り時期も終わりのようで、売れ残り?なのでしょうか。葉っぱだけの小さな苗です。

来年のお楽しみと思えば、お買得かもしれません。花の色はピンクで、品種は「プリンツ ハインリッヒ」。一体、どこの国の生まれって思うような名前ですね。

シュウメイギクは半日陰でも育てられるし、寒さに強い植物ということなので、欲しいなぁとは思っていたのです。

草丈は40~70cmと結構大きくなるようです。コスモスと同じくらいの草丈でしょうか。

シュウメイギクは一重咲き、八重咲き、矮性タイプなど、いろいろな品種があります。江戸時代の園芸書にもシュウメイギクが載っているそうで、古くから栽培されてきたようです。

菊というから、日本だけの植物かと思ったら海外でも人気の多年草なのだそうです。

イギリスではボーダー花壇に植えられていると雑誌で見ました。近所の庭でもシュウメイギクが咲いているのを見かけますが、花が少なくなってくる季節に咲いてくれるので、庭が明るくなっていいですね。

花茎が長く風にそよぐ様は風情があります。

これ以上、庭に植物を増やしてどうするって反省はしていますが、ホームセンターや園芸店に行くと欲しいものがあって、つい買ってしまいます。

今年はこれで3~4種類は増えてしまいました。来年は、これら新入りの植物を枯らさずに増やすことができたらいいな、と思います。

関連記事
シュウメイギク(秋明菊)の育て方