失敗しない!シクラメンの夏越しの仕方

sikuramen20071020

シクラメンの花が咲き終わった後、次のシーズンも花を咲かせたいですよね。シクラメンの夏越しを失敗しないために休眠法と非休眠法という2つの方法を紹介します。

シクラメンの夏越し、休眠法とは

花が咲き終わった後、夏は休眠させ秋からまた葉が出るような管理をして春に花を咲かせる方法です。

花が咲き終わったら徐々に水やりの回数を減らしていきます。温度が上がってくると葉が黄色になって枯れ、やがて球根だけになります。

このような状態になったら休眠状態に入っているので、水を与えるのをやめます。夏の間は風通しのよい涼しい日陰で雨に当たらない場所に置きます。

秋に球根から新芽が伸び始める9月頃に、土を少しほぐして一回り大きい鉢に植え替え、水やりを始めます。

葉が出始めたら日の当たる場所に移して徐々に水分を多くし、肥料も与えるようにします。

シクラメンの夏越し、非休眠法とは

花が咲き終わっても休眠させずに生育させ、秋の終わり頃から花を咲かせる方法です。

花が咲き終わった後も、水と肥料を与え続けると新しい葉が出てきます。少しずつ新しい葉が出続けるように管理します。

夏になると古い葉は黄色くなって枯れ、新しい葉だけになります。このとき葉の元には蕾も出来ています。

梅雨が明けたらできるだけ涼しい場所に置き、日中は遮光ネットなどで50%程度遮光し、30℃以上にならないように注意します。

夏から秋の初めに出来た蕾は秋の終わりから暮れにかけて咲き始めます。

シクラメンの夏越しポイントは肥料の与え方

肥料が多すぎると病気になってしまいますし、少なすぎると休眠してしまいます。

シクラメン、ガーデンシクラメン (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)

夏越し失敗!シクラメン初心者に休眠法は難しい?

以前、休眠法にチャレンジしてみたのですが、失敗でした(T_T)。

腐ってしまったのです。

シクラメンは球根だけになったら球根が縮まない程度の湿度が必要ですが、水分が多すぎても球根が腐ってしまうということです。

非休眠法より休眠法の方が簡単らしいのですが、初心者の私にとっては難しかったです。

本を読んで育て方を勉強したほうがよいのかもしれません。

⇒ シクラメンに関する記事一覧