観葉植物 ベンジャミンの育て方

観葉植物ベンジャミン

ベンジャミンは贈り物にも良く使われる人気の観葉植物ですね。

インテリアとして室内に置いて楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。

今回は、人気の観葉植物ベンジャミンの育て方と実際に育ててみた感想(実がついた話)を紹介します。

ベンジャミンとは|特徴

原産地はインド~東南アジア。クワ科フィカス属、ゴムの木の仲間です。

光沢のある美しい葉が特徴です。

また、スタンダード仕立て、三つ編み仕立て、リング仕立てなど仕立て方のバリエーションが豊富なことも魅力です。

観葉植物 ベンジャミンの育て方

耐陰性(日陰に強い性質)が強いので、年間を通して室内で育てることができます。

しかし、日光を好む植物なので出来るだけ日のよく当たる場所に置いてあげましょう。

春から秋の生育期にかけては屋外や窓辺の日当たり~半日陰の場所で育てます。

ベンジャミンは少し寒さに弱い植物なので、冬は室内でも5℃~10℃位はある場所に置きます。

水やりは生育期の5月から9月は、鉢土が乾いたらたっぷりと与えます。

水切れさせると葉を落としてしまうので気を付けましょう。

秋の最低温度が20度を下回ったら水やりの回数を減らしていきます。

冬は乾かし気味に管理し、土の表面が乾いて数日経ってから水を与えるようにします。

春になって暖かくなってきたら、表面が乾いたら十分に水を与えます。

空気中の湿度が高い環境を好むので、霧吹きで葉に水をかけてあげましょう。病虫害の予防や葉が落ちるのを予防する効果があります。

特に冬は空気が乾燥しやすいので、こまめに葉水を行います。

肥料は生育期(5~9月)に、2~3ヶ月に1回緩効性の化成肥料を与えます。冬は与えません。

ベンジャミンは生育期には枝葉がよく伸びて茂り、樹形が乱れてくるので剪定をします。

刈り込みに強いので、適宜、枝を切り詰めて整えます。

切断面からベタベタとした白い樹液が出るので、ティッシュなどで拭き取りながら行ないましょう。

鉢の底から根が出てくるようになったら植え替えをします。目安としては2年に1回、適期は春です。

ベンジャミンを育ててみた感想|実の正体は花?

丈夫で手間が掛からず育てやすい観葉植物ですね。

ところで、ベンジャミンを育てていたら、小さな実のようなものがなったことがあります。

花が咲いてもいないのに不思議だな~と思って、そのままにしていたら落ちてしまいました。

調べてみたところ、どうやら、これは花だったようです。

ベンジャミンはイチジクの仲間で、イチジクと同じように内部に虫を呼び込むタイプの花をつけるのだとか。

花は果実に包まれて外側からは見えず、いきなり実がなったように見えるということです。

ただ、日本には受粉する虫がいないのでタネはできないそうです。

関連記事
ベンジャミンの葉が落ちる原因と再生方法
ベンジャミンの葉が枯れる!春に復活できるか?