シロタエギクの育て方

シロタエギクはキク科の常緑多年草で地中海沿岸が原産です。

細かい白い毛が株全体に生えているのでシルバーに見え、寄せ植えやフラワーアレンジメントのアクセントに利用されることが多いですね。

6~7月には、小さな黄色い花を咲かせ、背丈は25~50cm、横幅は20~40cmくらいになります。

sirotaegiku
シロタエギクは寒さにも強く丈夫な植物なので初心者でも問題なく育てられます。花を切り戻したり、古い葉を取り除いたり手入れをすれば、数年美しい葉を楽しめます。

シロタエギクは日当たりと水はけのよい場所を好みます。半日陰や湿った場所でも育たないことはありませんが、徒長したり葉色が悪くなるようです。

水は表土が乾いたら与えましょう。過湿を嫌い、水はけが悪いと夏場は根腐れすることがあります。

花を咲かせると株の老化・枯死につながるので、花芽は摘み取ったほうがよいとも言われます。

株は間伸びしやすい性質があるので、伸びすぎたら切り戻して草姿を整えるようにします。

緩効性肥料を春秋に与えますが、肥料が多いとどんどん成長するので控えめの方がよいでしょう。

シロタエギクの増やし方は、春か秋に挿し芽で殖やすことができます。

春にシロタエギクの苗をホームセンターで買って植えました。花は咲きませんでしたが、他の草花の緑とシルバーリーフの対比が美しいですね♪

挿し芽のシーズンなので、増やしてみようかと思っています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンクと関連コンテンツ