秋のガーデニング作業

秋はガーデニングシーズンですね。朝晩に涼しさを感じるようになり、暑さに弱い植物も次第に元気を取り戻してきます。

秋のガーデニング作業は長雨や台風などの対策をきちんととり、適期を逃さず行なっていきましょう。

niwasigoto

夏の間に手入れを怠って荒れた感じになってしまった庭でも、手入れ次第で秋らしい庭になります。

例えば、痛んで見苦しくなった葉を切り取って片付けるだけでも雰囲気は変わります。

痛んだ葉は見た目に悪いだけでなく、病気の原因にもなるので早めに切り取ったほうがよいです。

また、四季咲き性の草花は、暑さで傷んでいたり、間のびして枝先に花が少し咲いているだけという状態になっていることがあります。

切り戻しをすると、株の勢いが回復して晩秋まで花を楽しむことができます。

秋のガーデニング作業は、痛んだ葉を片付けたり切り戻しをするほかに、来年の春のための準備があります。

宿根草や球根の植え付け、植え替え、株分けなどです。秋まき一年草の種まきもしなくてはなりません。

秋のガーデニング作業は、もしかして、春よりもやるべき作業が多いかもしれませんね。

ここ数日30度を超える日が続いたので、ラベンダーの剪定や春に植えたアジュガの株分けなど予定していた作業を中止しています。

暑い時は人も大変だけど、植物だって大変だからもう少し涼しくなるのを待とうと思います。