雑草対策と除草剤

雑草対策に除草剤を使う
手軽にできる雑草対策として除草剤を使う方法があります。ただ、除草剤は身体によくないから、絶対使わないという人も少なくありません。

ひとくちに除草剤といっても種類は様々。蟻やバッタに除草剤がかかっても死ぬことはありません。植物特有の生理代謝機能を阻害して枯らす仕組みなので、基本的には人間や動物には安全性が高いと考えてよいと思います。

もちろん、除草剤の説明をきちんと読んで正しく使用することが前提です。

除草剤の種類には粒剤と液剤があり、除草成分は以下のようになっています。
・雑草の根から吸収され長期間発生を抑えるタイプ
・葉と根の両方から吸収され枯らす即効性と持続性のあるタイプ
・葉から吸収されて枯らし、除草後に植物を植えられるタイプ

駐車場や家の周り、空き地など、庭以外に雑草が生えると困る場所はたくさんあります。

そういう場所の草取りにどれ位時間と労力をかけられるのか、を考えてケースバイケースで使っていけばいいのではないかと思います。

庭の広さにもよりますが、一人暮らしの高齢者の場合、こまめに草取りをして庭をキレイな状態に維持するのは大変なことではないでしょうか。

自分自身が高齢者となったときに、1人できれいな庭を維持できるかは甚だ疑問です。

今のうちに除草剤に頼らなくてもいい庭造りをしたいと思っています。