雑草対策にはバークチップでマルチング

バークチップ
雑草対策にはマルチングという方法もあります。マルチング(あるいはマルチ)というのは、簡単に言えば土の表面を何かで覆うことです。

マルチングの効果とは

マルチングの効果としては、雑草の種が土に落ちにくくなる、あるいは落ちても光が当たらず育ちにくくなるという点があげられます。もちろん、雑草がまったく生えないというわけではありません。しかし、雑草をかなり防止することが出来ます。

雑草防止だけでなく、土の乾燥防止・寒さ対策などマルチングには多くの効果があります。水やり時の泥はねを抑え、茎等の病気の予防にも有効です。

バークチップでマルチングして売られている観葉植物の鉢植えを見かけることもありますね。バークチップは針葉樹などの厚い樹皮をチップ状に加工したもので見た目も良いです。

黒いビニールシートでマルチング
黒いビニールシートで覆われた畑を目にすることがありますが、これもマルチングです。マルチング資材に良く使われるものとして、黒いビニールシートの他には、稲ワラや稲のモミ殻、バークチップがあります。

マルチングの厚さ

マルチングの厚さはどれ位がよいかというと、マルチの種類によって違います。

細かいマルチは密に詰まるので、5センチほどの厚さに敷きつめます。粗いマルチの場合は、10センチほどの厚さに敷きつめるとよいでしょう。